ライフスタイル

鬼嫁を撃退する方法とは【実は、鬼嫁に育てたのはあなたです】

投稿日:2020年8月19日 更新日:

鬼嫁とは(鬼嫁を理解する)

嫁のことを鬼嫁と思った事がないので、私がきっと正解です。

答えは、嫁を鬼嫁にしない事です。

鬼嫁とは、かわいくて優しかった妻が、何かのきっかけで性格が急変し、鬼のようになってしまった嫁の事です。私的には早く捨てないと時間のムダになると思いますが、嫁を手放したくない理由(子供、巨乳等)があるから捨てられないのでしょう。そんな鬼嫁を捨てたくないのは、実はあなたなのです。

なぜ鬼嫁になったのか(原因を探る)

嫁の仕事が増えてイライラ

当たり前の事ですが、嫁の時間軸とあなたの時間軸はかなり違います。その差が鬼嫁にさせてます。例えば付き合っている時は洗濯なんてしませんが、一緒に住むと洗濯物が増えます。服を汚そうものなら、嫁としては自分の時間を削られてる感ハンパないでしょう。

金が足らなくてイライラ

金銭感覚の違う他人が共同生活をするので、当たり前です。今の私は王様なので縁がありませんが、王様になる前はよくありました。稼げば解決できます。

鬼嫁を普通の嫁にする(解決する)

この方法で完璧です。

嫁を別の生き物だと思って接する。

嫁というものは、人の形をした別の生き物です。可愛いペットに噛まれた時、頭にきますか?小さな息子や娘に叩かれて、痛いと思いますか?Noでしょう。嫁と言うのは人の形をしてますが、別の生き物です。そう思うだけで可愛くなります。数秒で鬼嫁ではなくなってます。

いつでも捨てる勇気を持つ。

わざわざ鬼嫁に執着する事はないでしょう。そんなに鬼嫁が好きなら文句を言うあなたが悪いです。好きなことに文句があるなら、その事象は嫌だという事に気が付きましょう。そして、思いきって捨てましょう。冷たい意見かもしれませんが、冷たいという言葉は英語では”Cool”。カッコいいという意味もあります。冷たいとカッコいいは紙一重、ほんの数ミリの差です。カッコよく生きましょう。

ガマンをしない。

子供がいるから、親がうるさいからなんて、自分に対する言い訳です。本当にイヤなら、ガマンする時間がもったいないです。ガマンはやめましょう。我慢してる間に時間は過ぎます。時間は誰にも平等なので、せめてあなたの時間は大事にしましょう。冷たいようですが、子供や嫁の時間なんてクソ食らえです。共有して有意義な時間まで捨てる必要は全くありません。

【結論】自分が幸せになりましょう。

自分が幸せじゃないと、他人なんて幸せにできません。

満腹時にパンが残ってます。食べますか?絶対食べません。そこでパンが欲しい人がいたなら、普通にあげます。もらった人は感謝するでしょう。でも、感謝されるためにあげたのではありません。自分が満たされてたので、自分にとって要らないものをあげただけです。

余裕は人を幸せにできます。

知らない間に他人に感謝されてたらうれしくないですか?一度経験すると、きっとわかります。見返りを求める行動は、まだ自分に余裕のない証拠でカッコ悪すぎます。

ここまで出来れば、鬼嫁ではなくなってます。

嫁がガタガタ言っても気になりません、てかガタガタ言いません。世の中の80%はお金の事でモメていると言う統計もあるので、その場合は稼ぐだけで嫁は黙ります。稼げない現状がある場合は、心に余裕をもちましょう、王様のように。

-ライフスタイル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お金持ちは礼儀正しい【礼儀正しいからお金持ちになれる】

お金持ちとは?一般的にお金持ちと言われる理由。 国税庁が行なった2018年度の調査では、旦那が年収1000万円以上稼ぐのは、全体の5%。世帯で調査すると10%となり、嫁が活躍してる証拠となります。ここ …

ヴァシュロン・コンスタンタン、やっとスイスから発送【オーバーシーズ(Dualtime)取得までの道のり】

オーバーシーズ(Dualtime)が、やっとスイスから発送されました。 見慣れないショートメールを発見。ヴァシュロンの担当者からでした。 納期がアナウンス通り、早まりました。 オーバーシーズの青文字盤 …

やりたい事をするには離婚は当然です【自分の時間を大切にする方法論】

冷たいと思うかもしれませんが、事実です。私の体験に基いてですが、それが現実です。 離婚ってしたい人います? 普通いません、好きで結婚したんですから。 そもそも、なぜ結婚したんですか?パートナーとずっと …

ロレックスマラソン完走までの道のり【ファーストロレックス、4ヶ月で突然のゴール】

ロレックスマラソン1回目完走しました。 マラソンといっても、月に1回ほどしかしてませんが、4ヶ月でプロフェッショナルモデルをゲット出来ました。 来店の時間帯を考えました。 15時ごろ遠征を終えて家で妻 …

正しい嫁の選び方【一度で正解を選ぶのは限りなく無理に近い】

正しい嫁の選び方を知らない人が多すぎます。 嫁の選び方がわからなくて、最近婚期が遅れています。結婚をあえてしない人が増えてるのも事実、うちの妹も結婚してません(私は2回してるのに)。生命保険各社のデー …

人気の記事