ライフスタイル

子供が可愛くて、嫁がいらない場合の対処法【嫁を追い出した経験から学ぶ】

投稿日:2020年8月2日 更新日:

子供が可愛くて、嫁がいらないと思うダンナは、たくさんいます。

結婚して子供ができ、どんどん子供は可愛くなります。その反面、嫁はどんどんズーズーしくなり、ブサイクになったらどうにかしなければいけません。

嫁を追い出すのは、難易度90です。

嫁を追い出し子供は欲しいと言う事は、子供は可愛いが嫁は飽きたという事です。ここで難問があります。離婚して子供を夫が奪えるのでしょうか。

父親が親権を得られる可能性

離婚する際、一般論として父親が親権を得られる可能性は低いです。その事実は、裁判所が公表している2017年の司法統計からも予想できます。調停や審判による親権者の取り決めは2万588件ありましたが、父親が親権を獲得し、子供と同居できているのは1,860件と10%もありません。一方、母親が親権者となった割合は1万9,160件とそのほとんどが母親です。

子供は母親を選ぶ理由

子供を洗脳する母親

子供は父親と母親、どちらが大好きなんでしょう?間違いなく母親です。その理由は、子供を洗脳する時間が父親より断然長いからです。離婚しそうになると、子供も気付きます。両親の仲が悪い訳なので、当たり前です。子供だと思って、あなどってはいけません。そうなると、母親の洗脳がエスカレートしていきます。知らない間に子供の頭の中で、父親が最悪の悪者になっています。私の場合ですが、私の顔を見ると走って逃げるくらいまで子供は洗脳されてました。

本気で追い出すなら冷酷になれ

親権で揉めようが、調停になろうが、本気なら行動すべきです。親権を父親が取る割合が10%未満だろうが、恐れる事はありません。迷っている時間がムダです。

勝率5%の裁判に勝った話はこちら

周りや身内からかなりのダメ出しや説得がきます。冷静さ+冷酷さに自信が持てなれば辞めときましょう、必ず負けます。物事をシンプルに考えると、答えは簡単です。正しいと思えば、自信を持って根気よく戦いましょう。冷酷になる期間は最低でも2年は必要です。

何故嫁が要らないと思うのか

嫁に飽きただけです。

以前は大好きだった嫁が何故ウザくなるのか。ブサイクになったからでしょうか、ズーズーしくなったからでしょうか。違います。嫁以上にもっと好きなものが出来てしまったからです。それが女なら浮気に走るでしょうし、子供なら浮気はせずに済みますが、結果として嫁は飽きられています。

飽きた嫁を、どうすれば良いのか

どうする事もできません

すでに飽きている場合、どうにもならないでしょう。じゃあ捨てますか、それとも交換しますか。非常に難しいです。新たに魅力を見つけるか、嫁で実験を始めましょう。私の場合、パイオツがどこまで大きくなるか嫁で実験し続けてます。パイオツは努力の結晶なので、努力すればする程どんどん大きくなります。ただ、垂れには注意しましょう。

大事にし直しましょう

子供と嫁、どっちが可愛いか比べると断然子供ですが、先に大好きになったのは現在いる嫁のハズです。通常は先行者有利なので、シンプルに考えると嫁の方が大事なハズです。毎朝嫁とヤって、嫁を見直しましょう。最初は大変かもしれませんが、だんだん慣れてきて、それが習慣になると、嫁が要らないなんて思わなくなります、いや嫁が必要になります。嫁がいなくなると、毎朝ヤレなくなるので違和感があります。そうなると、知らないうちに嫁を大事にしてます。

今の嫁に飽きてるだけなら稼ぎましょう

運よく親権が取れたとしても、片親は何かと不便です。世の中ほぼ金が全て解決してくれます。このような悩みを抱えている人は、お金が足りない人でしょう。離婚原因の80%はお金です。ちょっと多めに稼ぐだけで、結構悩みが消えます。悩みが減れば、こんな事は考えなくなるので、頑張って解決しましょう。

ホームに戻る

-ライフスタイル
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ロレックスマラソン完走までの道のり【ファーストロレックス、4ヶ月で突然のゴール】

ロレックスマラソン1回目完走しました。 マラソンといっても、月に1回ほどしかしてませんが、4ヶ月でプロフェッショナルモデルをゲット出来ました。 来店の時間帯を考えました。 15時ごろ遠征を終えて家で妻 …

あなたは幸せですか?私は幸せです【幸せの定義を特別に教えてあげます】

日々の幸せを毎日考えてますか? 考えてないようであれば、幸せなんか来ません。 日々の目標がないのに達成できるワケがありません。達成感が幸せに大きく影響します。 幸せを漢字で書いて説明しましょう。 ツラ …

エルメスパトロール(エルパト)これまでの感触【今回は招待状をいただきました】

エルメスパトロール(エルパト)は今回で4回目 相手に失礼が無いよう、ドレスコードチェック! 出動前に服装チェック!エルパトの常識です。すると、いつもと違う嫁服のセンスに愕然!嫁の服ダサすぎました。実家 …

ヴァシュロン・コンスタンタン、やっとスイスから発送【オーバーシーズ(Dualtime)取得までの道のり】

オーバーシーズ(Dualtime)が、やっとスイスから発送されました。 見慣れないショートメールを発見。ヴァシュロンの担当者からでした。 納期がアナウンス通り、早まりました。 オーバーシーズの青文字盤 …

世の中は不公平が当たり前【資本主義の大原則を理解すべき】

世の中は、公平が一番だと思ってませんか。 世の中不公平だなんて、貧乏人の遠吠えです。 言い換えれば、資産家やお金持ちへのひがみです。世の中が公平であるという事は、貧富の差が無いと言うことなので、お金持 …

人気の記事