ライフスタイル

ヴァシュロン・コンスタンタン、納品の儀【オーバーシーズ(Dualtime)取得までの道のり】

投稿日:

ヴァシュロン・コンスタンタン-オーバーシーズ(Dualtime)受け取りに、銀座へGo!

久しぶりのザギンです。このザギンに、世界3大時計の1つであるヴァシュロン・コンスタンタンもあります。

ここが総本山の銀座ブティック

高級店の定番、凡人が入店しにくい雰囲気を出しまくっています。

高級店は、ガラスの扉を人が開けてくれる

どのハイブランドもそうですが、ヴァシュロンも例に漏れず、ドアに近づくと強面の兄さんがガラス扉を優しく開けてくれます。周辺のブティックは、ほぼドアマンがいました。

2階の静かな商談部屋へGo!

高級時計商談の定番といえば、”シャンパン”です

ヴァシュロンといえば、業界2番手のリシュモングループ

しかーし、出てきたシャンパンは、業界トップLVMH(ルイヴィトン・モエ・ヘネシー)グループのミニモエネクでした。ヴァシュロンとモエの相性が良いということでしょう。

最近のセレブはシャンパンラッパ飲み

わざわざラッパ飲み用のモエ純正アイテムでラッパ飲みします。コロナ防止対策でグラスが使えないということでしたが、このモエ純正ラッパ飲みアイテムを使い回すのであれば、意味ない気がします。

ついにお目見え、オーバーシーズ(Dualtime)

金属部には、全て透明保護シール貼ってます。

これがオーバーシーズ共通のアイテム。時計本体と、ブレス3本、ベルト用の観音開きバックルやジュネーブシール、ギャランティーです。保護シールは、目の前で担当さんが綺麗に剥がしてくれます。即転売禁止の意味もあるのでしょう。この時計も市場価格の方が、定価を大幅に上回っています。

3針に続き、デュアルタイムも予約できなくなりました。

3針モデルの予約禁止が2021年2月でしたが、その後すぐデュアルタイムも禁止になったそうです。この手の時計はオーダーに生産がついていかないので、今回買えなければ一生買えないでしょう。4月に定価も30万円ほど上がったので、いいタイミングで購入できました。

これが、もう買えないオーバーシーズ(Dualtime)です。

とても綺麗です。裏もガラスで丸見えピカピカです。

しかしカッコよくて当たり前かもしれません、乗用車1台分ですから。

-ライフスタイル
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

成功の確率は十分の1以下が常識【失敗して当たり前思考】

成功の確率は、あなたが考えるほど高くありません。 今まで成功しすぎてませんか? 日本一の創業社長である、ユニクロ柳井氏の名言で、”10回新しいことを始めれば9回は失敗する”とあります。誰も失敗したくな …

お金持ちは礼儀正しい【礼儀正しいからお金持ちになれる】

お金持ちとは?一般的にお金持ちと言われる理由。 国税庁が行なった2018年度の調査では、旦那が年収1000万円以上稼ぐのは、全体の5%。世帯で調査すると10%となり、嫁が活躍してる証拠となります。ここ …

金持ちサラリーマン、貧乏サラリーマン【同じサラリーマンでも差が出ます】

金持ちサラリーマン、貧乏サラリーマンとは ロバート・キヨサキ著”金持ち父さん 貧乏父さん(アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 )”を知ってますか?知らない人は、ぜひ読んでください。読まないと損し …

正しいお金の使い方【お金の使い方を間違えるな】

世の中全てお金で解決できるとは言いませんが、全ての物にはお金がかかります。稼ぎ続けているのが前提なので、無職の人は先ず働きましょう。お金の使い方さえ間違えなければ、お金は減りません。日本の偏った教育で …

人は、見た目です【生き様が容姿に反映されています】

生き様や性格は、そのまま顔に出ています。歳をとればとるほど、顔にバッチリ出ています。身なりも人格そのものです。一つ一つの行動が顔や姿を形成しているので、一つ一つの行動に気をつけましょう。 人間、見た目 …

楽天カード

人気の記事